性病検査は良い体験だったのか?

心配

 

数年前、性病にかかってしまい、そこからパートナーの浮気が発覚した事がありました。

 

ダブルパンチに怒りと悲しさと惨めさと、様々なマイナスの気持ちでいっぱいになりました。

 

初めての事だったので性病科に行くのに抵抗があった事や、そもそも性病なのかどうか分からず病院に行くまでに時間がかかってしまい、お薬をもらった後はすぐに良くなったのでもっと早く行けば良かったと思いました。

 

まずはなんとなく痒いな〜から始まり、あまり気にせずにいたら数日して我慢出来ない程の痒みになり、陰部が腫れ上がってきて痛みまで出てきてしまいました。

 

これはマズいと思いまずはネット検索。

 

そこで恐らく性病だろうと目処はつきましたが、恥ずかしくて出来れば自力で治したいとネットの情報を漁りました。しかし自然治癒はほぼないという記載ばかりで、むしろ放っておくと重症化するらしくどんどん恐怖心が出てきてようやく病院検索をしました。

 

その時に初めて性病専門の診療科があると知り、今度は病院の口コミ検索をしました。

 

出来れば他の患者さんと顔を合わせないでいい所、そして女性の先生がいる所、更に家から近すぎない所…その結果やはり、繁華街至近の病院は先生も慣れていてすぐに薬を処方してくれ短時間で終わるという情報が多かったので行ってみました。

 

待合室では他に一人男性がいて、お互い何となく気まずい雰囲気で目を合わせない様にやり過ごしました。

 

そして診察になると口コミ通り先生は慣れていて、すぐに陰部に綿棒の様なものを入れてそこから細菌検査の様な事をして数分で結果が出て薬をもらって終わり、という流れでした。

 

時間にして20分ほどだったかと思います。

 

先生のさらりとした対応に、恥ずかしいなんて悩まずもっと早く病院に行けば良かったと心から感じました。

 

結果、その頃何となく怪しい動きが多かったパートナーの浮気が確信となったのですが、という事はその浮気相手も性病なのかと考えると何となく不潔なイメージがあり、そんな相手を選んだパートナーにもガッカリしました。

 

性病だからといって不潔とは限らないのは頭では理解していますが、やはり性病はマイナスイメージが多いものだと思いました。

 

早く検査をしてよかったのですが、それよりも大事なことは予防=不特定多数の人と交わらないこと、や、コンドームなど、日ごろから気を付けることで性病感染を予防したり、感染の確率を格段に下げることは可能なわけですから、日ごろからの意識が大切だと思いました。

 

万一性病に感染してしまったり、感染の疑いがる場合にはできるだけ早く検査をすることが大切ですね。

 

good